ほーりーの野球日記

週間個人的野球ニュース

野球を見たり考えたりすることが好きです。一週間に起きた野球界のニュースを、個人的に興味度の高かったものからランキング形式で紹介していきます。

 野球ニュース 個人的注目ランキング 2020年4月13日~19日

 野球ニュース 個人的注目ランキング 2020年4月13日~19日f:id:horiuchi5232122:20200419223452p:plain

1位 交流戦 史上初の中止が決定 開幕は6月以降か?
2位 片岡篤史氏 コロナ感染を公表
3位 名門・開星高校 前監督らによる部費の私的流用が発覚


1位 交流戦 史上初の中止が決定 開幕は6月以降か?
 12球団代表者会議が17日に開かれ、5月26日から予定されていたセパ交流戦が中止となることが決定した。2005年に始まった交流戦が中止されるのは、史上初のこと。

 斉藤コミッショナーは「レギュラーシーズンの試合数を削減せざるを得ない。日本シリーズまでの日程を考慮して日本生命セ・パ交流戦の開催を今年は見送らざるを得ない」と説明した。

 また、緊急事態宣言を受けて5月中が困難とされていた開幕戦についても、6月以降を目指すことも明らかになった。

 新型コロナウイルスに伴う開幕延期の経緯は以下の通り。
 3月9日  開幕戦の延期が決定
 3月12日 4月10日以降の開幕を目指すと発表
 3月23日 4月24日の開幕を目指すと発表
 4月3日  4月24日開幕を断念
 4月7日  緊急事態宣言発令により5月中の開幕が困難に
 4月17日 交流戦中止が決定、開幕は6月以降か?

2位 片岡篤史氏 コロナ感染を公表
 日本ハム阪神で活躍し、現在は野球評論家として活動する片岡篤史氏が14日、自身のYouTubeチャンネルの中で明かした。

 動画の中の片岡氏は鼻にチューブを通し、呼吸をするにも苦しそうな様子で、「皆さん、こんばんは。片岡篤史です。私、コロナウイルスに感染してしまい、4月の8日から入院しています」と話した。

 現役時代の姿から一転、憔悴しきった片岡氏の姿に衝撃を覚えたファンも多かったのではないだろか。

 15日には、PL学園の後輩でもある阪神福留孝介外野手が「早く回復されて、また元気な姿を見られるというのを僕はもう…本当に心から願ってます」と片岡氏にエールを送った。

 17日には、片岡氏と親交のある高木豊氏がTwitterで片岡氏の様態を説明した。それによると「やっと食事が少しだけ食べれるようになった。その事により点滴がやっとはずされた。」と、片岡氏が快方へ向かっていることを感じさせた。

3位 名門・開星高校 前監督らによる部費の私的流用が発覚
 高校野球の名門、島根県開星高校で13日、前監督ら指導者3人が部費を私的に流用していたことがわかった。

 報道によると、前監督ら指導者は、部費や練習試合などの遠征の際に部員から徴収する費用の一部を、まるで自分のお金のように使い込んでいたという。ある時期の1週間は5日も焼き肉店で外食をし、遠征先ではキャバクラ代や締めのラーメン代まで部の経費を充てていたともいわれている。

 発覚したのは今年の3月で、野々村直通元監督の復帰に際し手行った、部の会計に関する調査からだという。多額の使用不明金を、会計を担当していた前副部長が、監督の言われるがままに金を出しては会計処理を行っていたという。

 なお、保護者側は前監督らと示談の末、約300万円を返済しており、警察への被害届などは見送るという。

 開星高校は春夏通じて13度の甲子園出場を誇る名門校で、現在DeNAで活躍する梶谷隆幸外野手、阪神の糸原健斗内野手らを輩出している。今年の3月から、同校を春夏通算9度の甲子園出場に導いた名将、野々村直通氏が監督に復帰する。

 

https://www.instagram.com/hrucdik/?hl=ja
https://twitter.com/RZCmvWiDTYwLHv6