ほーりーの野球日記

ほーりーの野球日記

自分の観方で野球を紹介します

職人の打撃開眼

 9月16日、ソフトバンクホークスがリーグ史上最速優勝を決めた。

 昨年、惜しくも日本ハムに逆転優勝を許したソフトバンクは、今シーズンも開幕から楽天と厳しい首位争いを繰り広げてきた。新加入のデスパイネ、2013年のドラフト4位上林の台頭、6年振りに日本球界復帰を果たした川崎、最多勝争いを演じエース級の活躍を見せる東浜など、昨年までとはまた違った戦力で、見事2年振りの優勝を果たした。柳田や松田をはじめとした主力選手にこうした新戦力が加わり、そこに内川や武田が完全復活を果たすとなると、もはや非の打ち所がない戦力となるに違いない。

 

◆打撃開眼した小技職人

 しかし、こうしたスター軍団・ソフトバンクホークスの戦力を語るうえで外すことのできない選手が、今宮健太だ。昨年まで4年連続でゴールデングラブ賞を獲得した日本球界屈指の守備力、パ・リーグ記録となる62犠打を達成した実績をはじめ、今年7月5日には史上最年少での250犠打、史上三人目となる三年連続30犠打を記録するといったバント技術といったように、今宮といえば小技のきいた職人タイプとしてイメージを持つ人が多いかもしれない。

 しかし、今年はそれに加え、強打者としての面も見せている。ここまで本塁打、打点、安打数、盗塁数、塁打数など、多くの打撃部門で自己最高記録を更新しており、また、打率、長打率出塁率、得点もこのままの調子を維持すれば自己記録の更新は確実だろう。

 

◆ヒット率の上昇とゴロ率の上昇

 ここ数年と今年で、今宮の打撃内容にどのような変化があるのかをみていく。

 まず私が注目したのはBABIPだ。これは、打球が安打になった割合を示す数値で、2015年は.261、2016年は.276、そして2017年は.305と年々上昇している。これは放った打球がヒットになりやすくなっているということを示している。この数値の高さは、今シーズンの打率に反映されているかもしれない。

 放った打球がヒットになりやすいとは、どういうことだろうか。私が少年野球チームに所属していたこと、コーチや監督からフライではなくゴロを打てとよく指導された。その心は、フライは捕球した時点でアウトが成立するが、ゴロでは捕球後の送球、それに対する捕球という一連のアクションが必要とされるので、相手のミスを誘いやすいということで、ゴロを打つことの大切さは高校、大学、プロなどの解説を聞いていても時折話題となる。今シーズンの今宮のヒット率の高さには、打球傾向にそれを証明できるかもしれないヒントが隠されていた。

 放った打球をライナー、ゴロ、フライに分け、それぞれの割合を見ることで今宮の打球傾向を知ることができる。それぞれの割合は、2015年は7.9、42.9、49.2、2016年は10.3、44.0、45.7、2017年は9.8、45.8、44.4と、年々ゴロの割合が上昇し、フライの割合が減少していることがわかる。

 ゴロが増え、フライが減る。打者走者は50メートル6秒1の俊足・今宮。野手は内野安打を警戒して浅く守るかもしれない。すると、ヒットゾーンが広くなる。送球を焦った内野手の目に見えないミスがヒットと判定されるかもしれない。ゴロが増えるということは、それだけヒットになる確率が高まるということだ。

 

◆今宮の出場がチームに勝利をもたらす

 こうして打撃成績を向上させた今宮が、守備だけでなく打撃でもチームに貢献していることは言うまでもないが、実際どのくらいチームの勝利に貢献しているのかをみていくことにする。

 打撃による得点貢献の総量を表すのにwRCという指標がある。これは、打者が創出した得点数を表す指標で、数字が大きいほどチームに多くの得点をもたらしている打者と評価できる。今シーズンのソフトバンク規定打席に到達している選手のwRCを見てみると、1位や柳田の109.2とこちらはリーグ2位と好成績を残している。一方、今宮はどうかというと、チーム3位の71.8を記録している。これは2位のデスパイネの75.2と僅差に迫っており、2番という制約の多い打順を打つことが多い今宮だが、チームでクリーンナップを打ってもおかしくない成績を残していることになる。

 また、今宮のwRCは、同じくリーグで2番を打つ他の打者と比較しても、26本塁打62打点の強打の2番、楽天のペゲーロの77.4に匹敵し、ライオンズの源田に至っては源田の55.9と大きく差をつけている。2番打者としての勝利貢献度も目を見張るものがある。

 

◆きっかけはテニス?

 今でこそ今宮は、小技の光る選手としての地位を不動のものにしているが、もともとは高校球界屈指の強打者だった。高校通算62本のホームランを放つなど、明豊高校時代から打撃力には定評があった。レギュラーに定着した2012年から昨年まで、自己最高打率は.253、通算本塁打が27本と、あくまでもプロでは職人タイプを貫いてきた。

 今シーズンの春季キャンプでは自身の課題を打撃とし、打撃フォームの改善に取り組み、その実践が、昨シーズンから取り入れ始めたという通称「テニス打法」だった。きっかけは昨シーズン、藤井打撃コーチのアドバイスを受けたことだった。ポイントを前にしてさばく打撃に修正し、今宮曰く「テニスのラケットを振るイメージ」にしたことで、1割近く打率を上げることにも成功した月もあった。踏み込んだ左脚を軸に回転し、右脚も前方へ踏み出して打つというこの打法で、打撃成績はすでにお伝えした通り、自己最高を更新する勢いだ。

 今年から打撃コーチに就任した立花コーチは「3割5分を目指していこう」と半ば冗談交じりに言ったそうだ。壁は高いが、不可能ではないのでは?と思えてしまうほどの身体能力と野球センスを持った今宮の、今後は打撃にも注目していきたい。

 

出典:

東スポ2016年5月27日

西スポ2017年2月18日

スポニチアネックス2017年7月5日

西スポ2017年9月18日

各種データはDELTA社より提供(2017年9月22日閲覧)

 

歴代最強救援投手

 1959年、当時パイレーツにフォークを武器したフェイツという投手がいた。救援投手ながら18勝を挙げ、そこで翌60年、米国一の権威「ザ・スポーティングニューズ」誌がセーブの規則を提唱し、それまで過小評価されてきた救援投手の価値を高めることを目的に、年間最優秀救援投手に贈る「ファイアマン賞」が制定された。69年にセーブが正式に公式記録となり、73年から条文が整理されてルールブックに記載されるようになった。

 アメリカに遅れること約10年、当時の日本プロ野球界では、いまほど投手の分業制は進んでおらず、先発完投が多かった。そんな中、抑え投手として最初に脚光を浴びたのが、1960年代、「8時半の男」と呼ばれた当時巨人の宮田征典だった。心臓疾患のため短いイニングしか投げられない宮田をクローザーとして起用したのは、当時の川上監督だった。

 1974年、日本プロ野球において初めてセーブ数がタイトルになり、初代セーブ王となったのが、当時中日の星野仙一と南海の佐藤道郎だった。セーブ数はそれぞれ10、13と、今ほどその役割が定着していなかったように思われる。

 クローザーとして忘れてはならないのが、江夏豊である。先発で球界を代表するエースとして君臨した江夏は後年、当時南海の野村監督から「革命を起こさないか」と言われてリリーフに転向し、広島に移籍後は日本シリーズ終戦の「江夏の21球」で伝説を作った。

 その後も津田恒美赤堀元之佐々木主浩高津臣吾などのスーパークローザーが誕生し、こうしてクローザーの歴史が積み重ねられ、現在歴代最多セーブ記録は中日の岩瀬の402セーブとなっている。

 そして今年、さらなる大記録が誕生した。それは、9月5日のオリックス戦でソフトバンクデニス・サファテが、05年岩瀬(中日)07年藤川(阪神)の46セーブを抜く、日本プロ野球新記録となる47セーブ目をマークしたことだ。

 

◆クローザーに必要な4つの力

 こうしてクローザーの歴史に新たな名前が刻まれたサファテだが、私はこのサファテこそが、約半世紀の日本プロ野球のクローザーの中で最強投手なのではないかと思っている。これは単に、シーズン47セーブという日本記録保持者となったからというだけではない。これからその理由と説明していくわけだが、その前にクローザーとして必要な要素がなにかということをお伝えしたい。

 第一に、最終回の勝利がかかった場面に登場するクローザーとして最も必要なことは、ランナーを出さないことである。3つのアウト=1イニングをどれだけ最小リスクで抑えることができるかが、優秀なクローザーなのではないか。1イニング当たり何人ランナーを出すか、それを現す指標に「WHIP」がある。

 「ピンチで抑えられる」ということに関してもうひとつ紹介したいのが「K/BB」だ。これは四球1個に対し三振をいくつ取ったかという数値で、三振を取る力があり且つ四球を出さない制球力の高さを示している。三振を取れて四球を出さなければピンチを迎えずに終えられるということで、こちらもクローザーとして重要な資質である。

 そして、出塁させた走者の非帰還率を示す「LOB%」がある。こちらは、もし走者を出しても生還を許さないピンチ時の強さを示す。

 最後に、WHIP同様に広い意味で投手の力を現した指標に「FIP」を紹介したい。こちらは、投手の成績から守備を引き、被本塁打、与四死球奪三振だけで投手の能力を算出しようと考案されたもので、投手の素の力を現すのに現時点で限りなく近い指標である。

 以上、「WHIP」「K/BB」「FIP」「LOB%」の4つの指標を用いて、サファテが歴代のクローザー投手の中で最強である理由を説明していきたい。

 

◆クローザー成熟期を生き抜いた5投手

 過去の投手を振り返りながら、今シーズンのサファテを比較したいと思う。手始めに、これまでどのようなクローザーがいたのだろうかを振り返りたい。なお、ここではクローザー黎明期の昭和世代ではなく、クローザー競争が高まり、成熟期に入ろうとしている平成世代の投手を対象とする。

 まず私が真っ先に思いついたのが、日米通算381セーブを記録し、最優秀救援投手5回を獲得した、大魔神佐々木主浩だ。98年、当時のプロ野球記録である45セーブを挙げ、38年ぶりの優勝に大きく貢献し、その年のMVPを受賞した。次に思い浮かんだのは、日本、アメリカ、台湾、韓国でプレーし、通算347セーブを挙げた高津臣吾だ。01年には自己最多となる37セーブを記録し、日本シリーズではシリーズ通算最多の8セーブを挙げ、4度目の胴上げ投手になった。そして、日米通算234セーブを記録し、「幕張の防波堤」異名をとった小林雅英だ。02年達成した日本記録となる33試合連続セーブポイントは、いまだ破られていない。そして、やはり欠かすことのできない投手が、当時の日本記録だったシーズン最多の46セーブを記録した、05年の岩瀬仁紀と07年の藤川球児だろう。同年代でしのぎを削りあった両雄なしには、セーブの歴史は語れない。

 以上、クローザー成熟期を生き抜いてきた5投手とサファテを比較することで、今シーズンのサファテが歴代最強救援投手であるかを説明していく。

 

◆サファテが最強クローザーである理由

 さきほど紹介した「WHIP」「K/BB」「FIP」「LOB%」というクローザーに必要な要素を、サファテを含めた6投手でそれぞれ比較した表をみてもらいたい。

 4つの全ての項目で、サファテが最も優れていることがわかる。特に、K/BBは鳥肌が立つほど高い数値を示している。最速159キロの直球にこれだけの制球力が備わっているとなると、相手チームにとってとてつもない脅威となることは間違いない。WHIPも0.68と優秀で、こちらは規定投球回数未満ではあるが、2位の菅野の0.89を大きく引き離し、現時点では12球団でトップだ。

 

 

セーブ数

防御率

WHIP

K/BB

LOB%

FIP

佐々木主浩(98)

45

0.64

0.80

6.00

87.4%

0.96

高津臣吾(01)

37

2.61

1.20

3.00

77.9%

2.59

小林雅英(02)

33

0.83

0.74

6.83

91.5%

1.50

岩瀬仁紀(05)

46

1.88

1.03

6.50

80.3%

1.75

藤川球児(07)

46

1.63

0.82

6.39

81.6%

1.07

サファテ(17)

49

0.90

0.68

9.40

92.6%

0.87

※数値は2017年9月9日現在

 

◆サファテが最強救援投手であるもうひとつの理由

 そんなサファテも、今年8月、痛恨のサヨナラ被弾を浴びた試合がある。その試合の後、サファテは早い回でマウンドを降りる先発投手陣に対し、「これだけ連続で(早い回で)降りられると、ツケが回ってくる。岩崎、森、嘉弥真、みんな疲れている」と苦言を呈した。

 これにはシビれた。

 たとえばメジャーなどでこういった発言をするということはフロント批判と捉えられ、場合によってはチームを追放されることもある。今回のサファテのケースも、捉えられ方によってはフロント批判にもなりえた。しかし、違った。日本球界7年目の36歳、チームの信用を勝ち得たサファテによる発言はチームの雰囲気を変えたのだ。現代野球における重要な立場にあるクローザーとして最高評価を得たサファテだからこそ、この発言が生まれたのであり、チームに響いたのだと思う。チームに勝利をもたらすのは、最終回を無失点に抑えることだけではないない。もしかしたら、サファテが最強救援投手である理由は、成績以外にもこうしたリーダーシップや人柄もあるかもしれない。

 

参考

「dot.」2017.09.06

https://dot.asahi.com/dot/2017090600048.html

zakzak」2015.05.17

http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20150517/bbl1505170830003-n1.htm

スポーツニッポン」2017.08.01

http://m.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/08/01/kiji/20170801s00001173344000c.html

 

小さな大魔神

  山田哲人、千賀滉大、西川遥輝、山﨑康晃、これらに共通するのは、彼らが全員同級生ということだ。1992年度の生まれ、高卒なら7年目、大卒なら3年目となる彼らには、私は個人的な思い入れがある。というのも、私も彼らと同じく、92年生まれで同級生だからだ。

 史上初の2年連続トリプルスリーを達成した山田、育成出身で初となる2年連続2ケタ勝利を達成した千賀、日本シリーズでのサヨナラ満塁弾も記憶に新しい西川、そして8月25日、1年目から3年連続20セーブ達成という史上初となる記録を打ち立てた山崎。地元横浜の球団で同級生ということで、この中でも山崎は、勝手に親近感を持ってみさせてもらっている。

 1年目からクローザーを務める山崎は新人投手記録を樹立する32セーブをマークする活躍を見せるも、翌年は2年連続での大台突破となる33セーブを記録するものの、救援失敗が見られるようになり、ビハインドの場面で登板することもあった。3年目も苦しいスタートとなり、4月には2試合連続の救援失敗でセットアッパーに配置転換された。しかし、中継ぎ転向後は安定した投球を取り戻し、クローザーに再転向し、前述した通り1年目から3年連続20セーブというプロ野球記録を作った。

 不調から一転、再び輝きを放つ山崎に一体どのような変化があったのだろうか。今回は、これまでの成績を過去2年の成績と比較して、山崎にどのような変化が現れたのかみてみる。

 

◆ランナーを出しても返さない「ピンチ◎」

 まず見てほしいのが年度別成績だ。2016年の不調は、防御率が物語っている。登板時に平均的な投手と比べてどの程度失点を防いでいるかを示すRSAAがマイナスを記録するなど、クローザーとしては不本意な成績だったといえる。いわゆる「2年目のジンクス」に直面したように思われる。

 ところが、今年は1年目に劣らない成績を残している。特に、出塁させた走者を生還させなかった割合を示すLOB%は1年目を上回る成績を残している。出してしまったランナーは返さない、この数値が今年の山崎の復活を印象付けるデータではないだろうか。

 

図1 年度別成績

 

セーブ数

防御率

LOB%

RSAA

WHIP

2015

37

1.92

78.39%

9.74

0.87

2016

33

3.59

75.50%

―1.09

1.39

2017

20

1.92

79.15%

8.69

1.06

 

 今年の特徴として、非生還率が高いことが考えられる。今年は過去2年と比べ、走者の有無でどのような変化があるのだろうか。無走者と得点圏にランナーがいる場合の被打率を示したのが次の図2だ。これによると、1年目までは得意にしていた無走者の場面を2年目では苦手にしており、そのまた逆も然りといったように、ランナーを背負った場面での被打率に好不調の波がある。

 ところが、今年はランナーの有無にかかわらず被打率はどちらも低く、場面に左右されずに安定した投球ができているように思われる。

 

図2 リード時のランナー別被打率

 

無走者

得点圏

2015

.206

.286

2016

.308

.152

2017

.236

.241

 

◆ストレートの被打率と、勝負球の選定

 それでは、具体的に過去2年と違って今年の投球にはどのような変化があるのだろうか。さまざまなアプローチから山崎の投球内容を検証したところ、昨年までとは違う、ある点がみられた。配球だ。

 それを説明する前に、山崎の球種別の被打率を表した図3をみてほしい。すると、昨年まではストレートがよく打たれていることがわかる。

 

 それをふまえて、球種別投球割合を示した図4をみてほしい。これによると、昨シーズンまではストレートとシュート(山崎の場合落ちるツーシーム)の2種類で全投球のほぼ半分を占めており、その比率もほぼ五分五分であることがわかる。厳密にいえば、ストレートの割合のほうが若干だが高い。ストレートを投げたときの被打率の方が高いにもかかわらず、だ。

 

 話を配球に戻す。今年の山崎の変化は、まさにこの球種の投球割合にある。これまでほぼ拮抗していた2つの球種の投球割合を、今年はストレートを多めに投球するスタイルに変化させていることがわかる。これまで被打率が低かったシュートが今年はうまく対応されているため、ストレートの割合をより多くしたということだろうか。ここには単純だが、被打率の高い球種を少な目にし、低い球種を多めに投げることでピンチの芽を摘んでいるような工夫がみられる。

 

図3 球種別被打率

 

ストレートの被打率

シュートの被打率

2015

.300

.138

2016

.321

.203

2017

.174

.262

 

図4 球種別投球割合

 

ストレート

シュート

スライダー

2015

47.69%

45.50%

6.00%

2016

51.88%

45.80%

2.21%

2017

55.07%

37.97%

6.96%

 

 カウントのとり方にも変化がみられた。初球と勝負球でそれぞれ使った球種としてどちらが多かったかを示すのが図5だ。それによると、これまでは勝負球にシュートを使っていたのに対し、今年はストレートを多く使っているようだ(詳細な数値データが出せなかったことは悔やまれる)。カウントを稼ぐ球と勝負球を入れ替えることでこれまでとは違う投球術を実現させている。

 

図5 カウントのとりかた

 

初球

2ストライク後

2015

ストレート多め

シュート多め

2016

半々

シュート多め

2017

シュート多め

ストレート多め

 

◆新たな武器、スライダー

 話を配球に戻したい。山崎は今年、ストレートとシュートの配球以外にも、スライダーを取り入れることで投球に幅を持たせているのだ。図4をみると、今年は例年以上にスライダーの投球割合が若干だが高いことがわかる。

 今年のキャンプから取得を目指し、今シーズンでの多投を検討しているとキャンプ中に語ったスライダーの投球割合が、少しではあるが確実に増えている。フォークのような軌道で落ちる独特なツーシームが山崎の最大の武器であるが、そのツーシームの配球を変え、その上さらにスライダーの完成度が高まると、打者にとって今以上に驚異的な投手になるだろう。

 

◆『大魔神』にはあって『小さな大魔神』にはないもの

 2015年3月31日、プロ初セーブを挙げた山崎はその日のヒーローインタビューでこう言った。

「初セーブをした山崎康晃です! 今日の経験を生かして『小さな大魔神』になります!」

大魔神』は佐々木主浩だが、その佐々木に比べて体格に大きな見劣りがある。本人はそれをふまえて自身を『小さな大魔神』と表現したのかもしれない。

 横浜、抑え、落ちる変化球、この3つは確かに『大魔神』を連想させるには申し分ないが、まだ本家大魔神にはあり、山崎にはないものがある。それは、優勝だ。

 佐々木は98年、プロ野球史上初の40セーブを挙げ、リーグ最多の45セーブで優勝に貢献。さらにその年、当時の日本記録となる通算217セーブと2年連続30セーブを記録。その年のMVPを受賞し、『大魔神』が流行語になるなど、野球界にとどまらない社会現象をもたらした。

 長年クローザー不在が課題だった横浜に、これ以上ないストッパーが新たに誕生した。小さな大魔神が名実ともに大魔神となるということは、優勝というタイトルを獲得することと同義だ。いまの山崎、そしてDeNAなら、それが可能かもしれないどころか、いつか佐々木を抜く日が来るかもしれない。

 

 

茂木は12球団最強先頭打者

  私世代の野球ファンに、「記憶に残る1番打者は?」と聞くと、松井稼頭央と返ってくることが多い。02年には打率.332、36本塁打、33盗塁で史上8人目、両打ちでは初のトリプルスリーを達成した。打率と193安打はキャリアハイで、最多安打のタイトルも獲得。西武の4年ぶりのリーグ優勝の原動力となった。52年ぶりに更新したシーズン88長打は現在もプロ野球記録だ。

 そんな松井稼頭央に並ぶ一番打者になるのではないかと期待がかかる打者が、楽天の茂木栄五郎だ。8月9日、今季6本目となる先頭打者本塁打を放ったが、その一打で02年の松井に並ぶ、初回先頭打者初球本塁打シーズン3本のパ・リーグタイ記録を達成した。今季2年目の茂木は球団生え抜きでは初となる2桁本塁打を記録するなど、ここまで優勝争いを繰り広げる楽天にとって、欠かせない存在となった。

 そんな茂木が松井稼頭央に並ぶ打者となりえる理由は、1番打者として残している高い成績にある。これを見れば、茂木の1番打者としていかに優れているかがわかる。そして、茂木が現役最強のリードオフマンになりえる可能性を秘めていることも同時にわかることだろう。

 

◆今年、リードオフマンとして活躍している選手は6人

 まず、8月11日時点で各球団どの打者が最も多く1番打者を務めているのかを見てみる。すると、以下の通りになる。太字にしている選手は、チームの全試合数のうち半試合以上に1番として出場し、且つ、規定打席に到達している選手を示す。

 

ソフトバンク 川﨑(34試合/103試合)

楽天     茂木(64試合/95試合)

西武     秋山(85試合/101試合)

オリックス  宮崎(25試合/100試合)

日ハム    西川(83試合/99試合)

ロッテ    荻野(28試合/100試合)

広島     田中(105試合/105試合)

阪神     高山(46試合/101試合)

横浜     桑原(102試合/102試合)

巨人     長野(38試合/103試合)

中日     京田(75試合/105試合)

ヤクルト   坂口(64試合/104試合)

 

 それによると、茂木を含む6選手が、いわゆるリードオフマンを務めている。ここでは茂木との比較対象選手を西武・秋山、日ハム・西川、広島・田中、横浜・桑原、ヤクルト・坂口とする。

 6選手の今季の打撃成績が以下の通りとなる。こうしてみると、秋山が突出した成績を残していることがわかる。打率、本塁打、打点、出塁率、得点の5部門でトップだ。さすが、シーズン最多安打記録保持者といったところである。

 

 

打率

本塁打

打点

盗塁

出塁率

得点

長打率

茂木

.303

15

40

.377

49

.551

秋山

.335

20

65

12

.423

83

.568

西川

.298

24

27

.373

59

.398

田中

.294

44

24

.391

76

.391

桑原

.276

12

40

.349

68

.349

京田

.278

27

19

.310

50

.310

坂口

.278

30

.357

39

.357

 

◆初回先頭打者として迎える打者としてもっとも脅威なのは茂木

 ところが、リードオフマンとしての本領を発揮する場面での成績を見たらどうだろうか。6選手のうち、1番打者としての第一打席だけの成績だけを見てみる。すると、以下の通りになる。

 

 

打率

本塁打

出塁率

長打率

先頭打者能力指数

茂木

.315(3)

6(1)

.390(2)

.719(1)

秋山

.270(7)

4(3)

.364(5)

.459(3)

18

西川

.280(6)

0(7)

.349(6)

.400(6)

25

田中

.347(2)

0(7)

.428(1)

.410(5)

15

桑原

.319(4)

4(3)

.372(4)

.521(2)

13

京田

.356(1)

0(7)

.373(3)

.438(4)

15

坂口

.288(5)

0(7)

.343(7)

.338(7)

26

 

 こうしてみると、秋山が通算成績ほどの実力を発揮できていないことがわかる。一方茂木は、打率、出塁率長打率で通算成績を上回っており、本塁打数15に対し、6本を初回先頭打者として記録している。これだけでも茂木のリードオフマンとしての能力の高さがわかるが、現役最強のリードオフマンという理由はこれだけではない。

 6選手のそれぞれの成績を順位として表してみる。各部門の順位に応じた数字を得点化し、4部門の合計点数が最小の選手が、最も優れたリードオフマンということにする。グラフ内の括弧内が順位=ポイントを示し、その合計を、先頭打者としての総合的な能力を表す「先頭打者能力指数」とする。

 その結果、茂木が「7」と、一人だけ1桁台を記録したのだ。特に、今季最多数の初回先頭打者本塁打を記録していることもあり、長打率も高い。ここまで攻撃型の1番打者というのは投手から見て脅威だろう。

 

◆盗塁数は少ないが、走塁能力は高い

 ただ、通算成績を見てもわかる通り、盗塁数に1番打者としての課題があると思われる。しかし、走塁技術が低いわけではない。

 1年目だった16年シーズンは11盗塁と決して多い盗塁数ではなかったが、12球団最小の56盗塁というチーム状況の中では目を見張るものがある。同年8月25日、9月19日にはランニングホームランを記録し、2リーグ制後でシーズン2本のランニング本塁打は92年巨人の川相昌弘以来13人目(14度目)で、新人では茂木が初めてだった。さらに、同年では三塁打も7本マークし、オリックスの西野と並びリーグ最多タイを記録した。つまり、盗塁数が少ないだけで、走塁能力は高いのだ。チームの方針次第では、茂木の走塁能力も成績として現れることだろう。

 

 現在日本プロ野球には坂本を筆頭に、多くのスターショートが活躍している。ネームバリューでは坂本が圧倒的で、源田や京田といったニューヒーローも誕生するなど、前々回に書いた通り、ショートのスター選手は多い。

 その中でも茂木は突出した打撃力を持つショートであり、それが、次世代の松井稼頭央になりえる可能性があると私が考える理由だ。

 いまは肘の怪我もあり、慣れないDHでの出場が続いているが、一日も早く状態を回復してもらって、グラウンドで躍動する茂木のプレーを見せてもらいたい。

 

 

清宮の進路相談

  7月30日、第99回全国高校野球選手権大会西東京予選決勝が行われた。

 プロ注目のスラッガー早稲田実業の清宮幸太郎はここまで歴代最多タイとなる高校通算107本塁打を放っており、早稲田実業の甲子園出場と清宮の新記録達成を一目見ようと、朝7時前からすでに開門し、31000人収容の神宮球場が試合開始前には満員と発表された。

 結果は、ここまで3年連続決勝で敗退している東海大菅生が17年ぶりの甲子園出場を決め、清宮の甲子園出場と記録達成への挑戦は終わった。

 清宮の高校通算本塁打には、周りの偏屈で不寛容な一部の大人たちから難癖ともいえる指摘が後を絶たない。大人たちよ、言いたいことはわかるが、そんなことはどうでもいいじゃないか。と個人的には言いたくなる。

 大事なことは、これからの人生(プロ?大学?)をどう過ごすかだ。今回は、大変恐縮ながら、清宮が今後送る野球人生でどのようなモデルケースが考えられるのか、過去の高校野球界の強打者を参考に考えてみたい。

 

◆高校通算50本塁打以上を記録した選手の進路先

 高校時代に強打で注目された打者は、どのような進路を選んだのだろうか。ここでは高校時代に50本以上の本塁打を記録した打者(清宮を除く)35人をサンプルに見てみる。すると、全選手の進路先としてプロが最も多く、85.7%=30人がプロに進んでいることがわかった。次いで大学が11.4%=4人、社会人が2.9%=1人だった。プロに進むのが妥当なのかと思ってしまうほどの差があることがわかる。

 高校からプロに進み、そのうちで成功を収めることができたのはどのくらいか。ここでは、プロ通算4000打席以上、プロ通算100本塁打以上、打撃タイトル獲得、代表歴がある、の4項目のうち1~2項目に該当していれば「成功」、3項目以上なら「大成功」=成功群、ゼロなら「失敗」=非成功群ということにする。

 

高校通算50本塁打以上を記録した選手の進路先

 

大成功

成功

失敗

合計

プロ

11

4

15

30

大学

2

0

2

4

社会人

0

0

1

1

合計

13

4

18

35

 

 高卒プロで成功群の成績を収められたのはちょうど半数。また、サンプル数は少ないものの、大学進学後にプロに入団した選手でも4選手のうち2選手が成功群の成績を収めることができた。やはり、高校で50本以上の本塁打を打てる打者には、レベルアップした環境でも成功を収められるだけの選手が多いということなのだろうか。

 

◆もしプロに進んだら、実働7年目までに結果が求められる

 ただ、成功した選手と同数の成功を収めることができなかった選手もいるのは事実だ。この違いはなんだったのだろうか。

 高校卒業後プロに進んだ成功15選手のブレイク時の成績を見てみる。今宮と中村は高校時代とはプレースタイルが変わっているため、あまり参考にならないかもしれないが、その2選手を除いた全ての打者がブレイク年時に10本以上のホームランを記録している。早くから活躍するに越したことはないが、遅くとも7年目までにある程度の打席数を打てる選手に成長し、その中で10本以上の本塁打を打つことが成功への第一歩かもしれない。

 

成功群のブレイク年数と成績

選手

高校本塁打

頭角を現した年

(実働年数/プロ年数)

打率

本塁打

打点

中田 翔

87本

2011(3/4)

.237

18

91

鈴木 健

83本

1993(5/6)

.270

13

51

中村 剛也

83本

2005(3/4)

.262

22

57

城島 健司

70本

1997(3/3)

.308

15

68

平田 良介

70本

2011(6/6)

.255

11

38

筒香 嘉智

69本

2012(3/3)

.218

10

45

清原 和博

64本

1986(1/1)

.304

31

78

今宮 健太

62本

2012(2/3)

.238

2

14

江藤 智

61本

1991(2/3)

.215

11

31

松井 秀喜

60本

1993(1/1)

.223

11

27

中村 晃

60本

2013(3/6)

.307

5

44

山崎 武司

56本

1995(7/9)

.291

16

39

大谷 翔平

56本

2014(2/2)

.274

10

31

岡田 貴弘

55本

2010(3/5)

284

33

96

吉岡 雄二

51本

1998(5/8)

.268

13

32

 

 続いて、非成功群を見てみる。

 古木は順調に進めば成功群入りすることもできた可能性があったことが悔やまれることだろう。しかし、それ以外の選手はブレイクの兆しはおろか、特に目立った活躍もないまま、あるいは一軍未出場のまま引退するケースが非常に多い。引退した選手は平均すると11.3年でプロ生活を終えている。

 プロ7年目までに結果を残せなかったら、それ以降の数年でしかるべき処遇を覚悟した方がいいのかもしれない。しかし、今年日ハムの大田がプロ9年目でブレイクの兆しを見せている。これまでのジンクスを破るような活躍に期待したい。

 

非成功群のプロ7年目までのブレイクの兆し

選手

高校本塁打

プロ7年目までの

ブレイクの兆し

現在(年数)

打率

本塁打

打点

黒瀬 健太

97本

一軍未出場

現役(2)

-

-

-

大島 裕行

86本

2003(2/4)

引退(13)

.307

7

33

高橋 周平

71本

2016(5/5)

現役(5)

.251

4

29

奥浪 鏡

71本

16年一軍初出場

現役(4)

-

-

-

平尾 博司

68本

代打や守備要員

引退(18)

-

-

-

藤島 誠剛

68本

特になし

引退(11)

-

-

-

吉本 亮

66本

特になし

引退(9)

-

-

-

大田 泰示

65本

特になし※今後に期待

現役(9)

-

-

-

筒井 孝

60本

一軍未出場

引退(5)

-

-

-

萩原 誠

58本

特になし

引退(8)

-

-

-

山口 幸司

56本

特になし

引退(11)

-

-

-

古木 克明

52本

2003(4/4)

引退(10)

.208

22

37

嘉勢 敏弘

52本

特になし

引退(9)

-

-

-

大久保 博元

52本

1992(7/8)

引退(10)

.277

15

43

 

◆大学進学はわずか2例

 次の進路候補として、大学・社会人ルートを見てみる。

 大学進学は4選手、社会人進学は1選手おり、5選手のうちプロに進んだのは稲葉篤紀松田宣浩の2選手だ。この2選手は文句なしの成功群入り選手であるが、プロ入りしなかった3選手のうち1人はすでに引退し、あとの2人は現在も社会人野球でプレーしている。

 サンプルが少ないこと踏まえた上であえて言うとすれば、大学に進学してプロに進めば、成功群に入る可能性が高いということだろうか。余談だが、プロ入りしなかった3選手はいずれも神港学園(グラウンドがとにかく小さいことで有名)出身の選手であることも興味深い。

 

◆清宮が掲げた目標の達成=成功群へのエリートルート

 最後に、当時中学3年生だった清宮がテレビの取材で語った将来の目標があるので、それを紹介して終えたい。以下、清宮が語った数年後の目標だ。

①甲子園で大暴れ

②20歳で日本代表入り

③10年後(=2024年、25歳)で本塁打王

 ①の「甲子園で大暴れ」については、1年夏の2本の本塁打をしっかりと覚えておきたい。

 ②の「20歳で日本代表入り」というのは、大学でもプロでも2年目にあたる。20歳での代表入りは2009年の第2回WBC田中将大が選ばれており、他の大会でも長谷部(当時愛知工業大学)や大瀬良(当時九州共立大)などがプロ選手に混ざって選出されたため、大学に進学しても可能性としてはゼロではない。20歳になる年、2019年には第2回プレミア12が予定されており、一部によるとこれが東京五輪の予選を兼ねるのではないかともいわれている。

 ③の「10年後で本塁打王」について、25歳というのはもし仮に高校卒業後にプロ入りすると奇しくもここまで重要な分岐点として紹介してきた7年目にあたる。過去の成功群の例で見ると、全選手が7年目までにブレイクを果たしており、7年目でホームラン王を獲れたら、この成功群入りする可能性が一段と高まる。

 

 プロに進めば7年目、大学に進めばプロ3年目となる2024年。それまでに清宮がどのような活躍を見せてくれるのか楽しみだ。

 

清宮の人生年表予想

年齢

所属

代表戦

清宮の目標

2014年

15歳

中学3年生

 

 

2015年

16歳

高校1年生

第1回プレミア12

甲子園で

大暴れ

2016年

17歳

高校2年生

 

2017年

18歳

高校3年生

第4回WBC

2018年

19歳

大学1年生

プロ1年目

 

 

2019年

20歳

大学2年生

プロ2年目

第2回プレミア12

日本代表入り

2020年

21歳

大学3年生

プロ3年目

東京五輪

 

2021年

22歳

大学4年生

プロ4年目

第5回WBC

 

2022年

23歳

プロ1年目

プロ5年目

 

 

2023年

24歳

プロ2年目

プロ6年目

第3回プレミア12

 

2024

25

プロ3年目

プロ7年目

 

本塁打王獲得

2025年

26歳

プロ4年目

プロ8年目

第6回WBC

 

 

 

遊撃手全盛期到来か

  坂本勇人今宮健太、田中広輔、安達了一、これらが恐らく昨年まで日本のショートストップと聞いて名前が思い浮かぶ代表格だろうか。新たに今年、2人の新人内野手が新たに躍動している。中日の京田と、西武の源田だ。2選手はともにルーキーながら、開幕からショートのレギュラーとして好成績を残している。

 彼ら以外にも、楽天では生え抜き日本人選手で球団史上初の2桁本塁打を記録した茂木、日ハムは2年連続全試合出場の中島がチームのレギュラーとして定着し、DeNAの恐怖の9番打者として機能する倉本、阪神で熾烈なレギュラー争いを繰り広げる糸原と北条など、各球団遊撃手の話題には事欠かない。

 そう、日本プロ野球は今、遊撃手全盛期が訪れているのだ(個人的にはそう思う)。その中でも著しい活躍を見せている京田と源田は、遊撃手全盛期の訪れの象徴的な存在である。7月26日には源田が球団記録を更新する26盗塁を記録し、翌27日には京田が福留以来となる新人での100安打を記録した。ともにいまやチームにとっては欠かせない存在となっていることはいうまでもない。

 

◆12球団でもトップを誇る源田の守備貢献度

 ショートというポジションは、やはり堅実且つ華麗な守備が見せ場だろう。ショートは昔から内野の花形であり、スター選手も多い。ただ、守備の達人であることが必須条件だ。その点では、京田と源田ならば、源田のほうが秀でた守備力を持っているといえるかもしれない。

 守備力の総合的な貢献度を示すUZRを見ると、源田は12球団の名だたるショートを抑え、現在1位の15.2を記録している。この数値は、過去二年間のゴールデングラブ賞受賞遊撃手4選手よりも高い(15年のUZRトップはGGを逃した坂本で源田よりも高い)。つまり、源田はルーキーにも関わらず、日本のトップの守備力を持ったショートになる可能性があるということだ。

 

Inn

DPR

RngR

ErrR

UZR

源田壮亮

792 2/3

1.5

15.5

-1.9

15.2

京田陽太

775 2/3

-0.8

-0.4

0.3

-0.9

坂本勇人

786

2.4

6.5

2.2

11.1

安達了一

586 1/3

1.9

-0.2

2.5

4.2

今宮健太

753 1/3

-1.8

2.9

2.9

4.7

中島卓也

576 2/3

-1.6

3.6

-1.5

0.5

茂木栄五郎

478

1.0

-0.7

0.0

0.2

田中広輔

838 1/3

1.0

-3.3

-1.0

-3.4

三木亮

442 1/3

-1.5

-3.8

0.1

-5.2

大引啓次

565 1/3

-1.3

-5.9

0.7

-6.4

倉本寿彦

816

0.5

-8.8

-1.2

-9.4

※7月29日現在(データはDELTA社より)

※用語

Inn…守備イニング

DPR…内野手の併殺完成による貢献

RngR…打球処理による貢献

ErrR…失策抑止による貢献

UZR…守備全般での貢献

 

◆個人打撃は京田のほうが優れているが、チームの勝利貢献度では源田

 打撃部門では、打率とOPSで京田が源田を上回っている。しかし、打点や盗塁、さらには勝利貢献度を示すWARでは源田が京田の倍以上の数値を示している。個人としての打撃能力は京田の方が優れているものの、その打撃能力がチームの勝利にどれだけ貢献できているかという点では、源田のほうが高いということだろうか。

 

打率

本塁打

打点

盗塁

OPS

WAR

源田壮亮

.263

3

33

27

.659

3.6

京田陽太

.287

2

21

16

.685

1.4

坂本勇人

.337

11

48

11

.908

5.6

今宮健太

.284

6

33

10

.752

3.5

田中広輔

.304

3

42

20

.805

3.3

倉本寿彦

.258

1

25

3

.601

-1.4

※7月29日現在で規定打席に到達している遊撃手(データはDELTA社より)

※用語

OPS出塁率長打率。数値が高いほど、打席当たりでチームの得点増に貢献する打撃をしている打者だと判断することができる。

・WAR…様々な指標を総合して、ある選手が走攻守の全てを合わせて、どれだけ勝利に貢献したかを評価するもので、「控えレベルの選手が出場する場合に比べて、どれだけチームの勝利を増やしたか」を表している。

 

◆アマチュア時代、スターだった京田と堅実だった源田

 守備力や勝利貢献率、オールスター出場など、プロの舞台では源田の活躍のほうが半歩ほどリードしている印象を受ける。しかし、源田のアマチュア時代が陰ならば、京田のアマチュア時代が陽だ。

 ともに甲子園出場はなかったものの、源田は大分県の県立高校、京田は青森の名門、青森山田高校で当時からプロ注目の内野手だった。京田はその後大学に進学。日大では1年春からレギュラーとして出場。3年春には一部に復帰、秋にはベストナインに選出。4年時には日米大学野球の日本代表に選出され、秋には25年ぶりとなる東都リーグ制覇を果たした。ドラフトでは源田よりも高評価の2位で指名された。

 源田は愛知大学リーグの名門・愛知学院大学に進学し、4年時には全日本大学選手権を主将・リードオフマンとしてベスト4にチームを導いた。しかし、源田はあえてプロ指導届を出さず、社会人野球への道を進んだ。源田は早くから大学卒業後は社会人へ進むことを決めており、社会人チームが多いという理由で愛知県の大学に進学したとアマチュア時代に語っている。堅実な人生設計の甲斐もあり、ドラフト3位で西武に入団。社会人時代から定評のある守備で、チームでは石毛宏典以来36年ぶりとなる開幕戦新人遊撃手スタメン出場を果たした。

 一年目から活躍する若手の内野手と一言で表現するのは簡単だが、2人のプレースタイルと球歴から考えてみると、私にはこの2選手には別々の将来性を感じた。堅実で献身的なプレースタイルが持ち味の源田は、宮本慎也井端弘和のようなタイプで、派手さがあり打撃能力がある京田は松井稼頭央西岡剛のようなタイプになっていくのかもしれないと、私は勝手に想像した。

 ちなみに、それぞれお手本にしている選手は、源田が小坂誠、京田が荒木雅博だ。源田なら野球ファンの記憶に残るような名手に、京田なら将来2000本安打を打てるような選手になれる日が来るかもしれない。

 今後も、この2人のニューヒーローから目が離せない。

 

出典:「週刊ベースボール」2014年8月25日号、2016年5月16日号、2017年4月24日号、2017年6月26日号

各種データはDELTA社より

 

 

中村剛也のホームラン偏差値

 

 7月19日、西武の中村剛也が通算350号本塁打を達成した。1394試合目での達成は、94年の秋山幸二ダイエー)の1355試合に次ぐ、史上7位でのスピード記録となった。

 規定打席に到達したシーズンは全シーズンでホームラン王を輝く、まさに現代最強のホームランバッターと言っても過言ではない中村だが、事実、通算本塁打数が歴代30位以内にランクインしている打者の中での本塁打率は、350号本塁打達成時点で史上5番目となる13.58を記録している。

 この記録達成をきっかけに思い出した書籍があるので、それをご紹介したい。2014年に朝日新聞出版から刊行された小野俊哉著の『プロ野球 最強のホームラン打者』という書籍だ。歴代のホームランバッターの中に中村が名を連ねており、これを読めば中村が往年のスターに肩を並べるどころか、むしろ、歴代でもトップクラスに能力の高いホームランバッターだということがわかる。

 

◆歴代2位のホームラン偏差値

 まず、その書籍で用いられる「ホームラン偏差値」なるものを説明したい。

 これは、各選手がその年度に放ったホームランのレベルを数値化した、著者の小野氏が独自に考えた指標である。単に打ったホームランだけでなく、その年度の上位選手の本塁打数の平均と比べたときの偏差がわかるというもので、それにより、活躍した年度の違う選手でも普遍的な比較ができるという点が、この指標のみそである。

 それによると、この書籍が出版された時点で、歴代で最もホームラン偏差値が高い打者とその年度は、2011年の中村剛也なのである。2011年は、いわゆる統一球が導入された最初の年であり、その影響もあり前年に比べて本塁打数はマイナス39%、リーグ全体の本塁打数が1959年以来52年ぶりに400台に沈んだ。しかし、中村はその逆風にもかかわらず、48本塁打を放ち、85.04というホームラン偏差値を記録した。

 さらに、各打者の偏差値トップ3だけを合計したランキングでも、王貞治に次ぐ歴代2位のホームラン偏差値を記録している。野村克也落合博満ランディ・バース松井秀喜など、名だたる選手を抑えての2位である。鳥肌ものだ。

 

デーブ大久保による逆転の指導法

 2002年、ドラフト2位で西武に入団した中村は、二年目には二軍でホームラン王を獲得し、四年目には22本塁打を放ち、「おかわり君」のあだ名でブレークした。しかしその後は思うように成績が伸びず、翌年から2年連続で2ケタ本塁打を逃している。2007年のオフに西武の打撃コーチに就任した大久保博元との出会いにより、中村は復活した。

 当時の渡辺久信監督から大久保は「サンペイ(中村のニックネーム)を再生させてくれ」との指示を受けた。秋季キャンプで中村のバッティングを見ていた大久保は中村に「今よりも2メートル前でボールを叩け」とアドバイスされた。アドバイスの直後、打球はレフトスタンドを超えた。そのときのことを中村はこう振り返る。

「デーブ(大久保)さんから“前で打て”と言われたとき、最初は“大丈夫かな?”と思ったんです。それまでは“近いポイントで打て”と言われていたものですから。でも、結果は出なかった。ホームランも思ったように打てなかった。それでも“やってみようかな”と思ったんです。実際、そのとおりにしたら、打球の角度や飛距離がまるで変った。これできっかけを掴んだことは事実です」

 実は近年の打撃指導として、ボールを引きつけられるだけ引きつけてポイントを後ろに置くというアドバイスが主流だった。それを大久保は「空振りしたっていい。ホームランバッターなんだから」と、追い込まれるまではポイントを前に置くように指導した。

 その成果はご周知のとおりだ。

 

 現在、日本プロ野球のシーズン最多ホームラン記録は、2013年にバレンティンが記録した60本だ。ケガなくシーズンを送ることができれば、本塁打率の計算上、不可能な数字ではないように思われる。

 現在33歳のプロ16年目。ベテランの域に差し掛かる中村にとって、この一打をはずみとし、7度目のホームラン王、そして、遠くない未来のシーズン最多ホームラン記録保持者として球史に名を残す選手になることを期待したい。

 

出典:日刊スポーツ2017.07.19

https://www.nikkansports.com/baseball/news/1858433.html

週刊ベースボールオンライン2017.07.20

http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20170720-13

プロ野球 最強のホームラン打者」(小野俊哉、2014年)

プロ野球の職人たち」(二宮清純、2012年)